ホーム » 事業の内容 トップ » 就労支援_ジョブコーチ事業 (第一号職場適応援助事業)

就労支援

[ ジョブコーチ事業 (第一号職場適応援助事業) ]

Illustration by YUYA ウェルズ新木場では、東京障害者職業センターとの連携により、ジョブコーチ(第一号職場適応援助者)を配置し、障害のある方の就労支援を実施しております。障害のある人の就職や職場定着、事業主の雇い入れや雇用継続のためにジョブコーチが職場に出向いて、障害特性に応じた支援を行います。 ジョブコーチ支援は雇用前の職場実習、雇用と同時、雇用後の3つの段階で活用できます。
ご利用をお考えの方は、障害者職業センター及び、当法人ウェルズ新木場までお問い合わせ下さい。


支援の内容・流れ

【1】支援計画の策定
支援を必要とする障害のある人・事業主との相談を通じて職場の状況などを把握し、双方の同意を得て、個々の状況に応じた支援計画を策定します。


【2】ジョブコーチの派遣
職業センターと連携し、支援計画に基づいて、ジョブコーチを職場に派遣して支援を実施します。

ジョブコーチの行う支援例
障害者への支援
  • 仕事に適応する(作業能率を上げる、作業のミスを減らす)ための支援

  • 人間関係や職場でのコミュニケーションを改善するための支援
事業主への支援
  • 障害を適切に理解し配慮するための助言
  • 仕事の内容や指導方法を改善するための助言・提案
家族への支援
  • 対象者の職業生活を支えるための助言


【3】段階に応じた支援の実施

集中支援期 障害者及び事業主の支援ニーズに応じて職場適応上の課題を改善するための支援を集中的に行います。
集中支援期 必要な支援を継続しながら、障害者の支援方法を事業所の担当者に伝達し、支援の主体をジョブコーチから事業所の担当者に徐々に移行していきます。

支援期間 個別に必要な期間を設定しますが、標準的には2〜4カ月を想定しています。
障害のある人の職場定着には、職場内で上司や同僚が適切に支援や配慮を行っていくことが重要です。
ジョブコーチによる支援は、永続的に行うものではなく、直接対象者と事業主に支援を行いながら上司や同僚に適切な支援方法を伝え、ジョブコーチによる支援を終了しても、職場内で支援が継続されることを目指しています。
職場適応上の課題が改善され、職場内での上司や同僚からの支援が適切に行われるようになった段階で支援を終了します。

【4】支援終了後のフォローアップ
支援終了後も、必要なフォローアップを行います(支援終了後1年間)。


お問い合わせ

ジョブコーチ事業 (第一号職場適応援助事業) に関わるご質問、ご相談などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

電話 / ファックス : 03-5281-2345 (代表)
E-Mail : info@wels.jp